surf

台湾はあまり知られていませんが、サーフィンの場所としても最高なのです。

太平洋にがっしりと面していますから、とてもいい波が来る。サーフボードを持って台湾に行けば、サーフィンを楽しむことによって台湾の違った魅力に出会えること間違いなしです。そもそも海外にサーフィンをしにいくというのはなかなか大変な事だと思います。

サーフボードはかなりの大きさで、他にもウェットスーツなどをいろいろ持っていくわけですから、ちょっと観光に行くのとはわけが違います。

しかし「サーフィン」という確固たる目的があるというのがいいじゃないですか。「中華料理を食べに台湾に来ました」という人よりも、「サーフィンしに来ました」という人のほうが、なんだかまっすぐな人間に見えてくる。

サーフィンというのはちょっと興味深い面があって、ちゃらちゃらした人がやっていそうなアクティビティに見えるのですが、実際真剣に考えてみると結構まっすぐな人たちが勤しんでいる事が多い気もしてくる。

とにもかくにも、サーフィンで波と一体になる感覚というのは、一度体験してみなければ分からないところがあります。そして、波の感覚というのもその場所その場所によって全然違いますから、いろいろなところに行ってサーフィンを楽しみたい、というのはサーファーの自然な気持ちなのです。

花蓮や懇丁などが、台湾のサーフィンができる有名エリア。台北からは結構遠いのですが、太平洋のいい波がきます。是非行ってみましょう。